グルテンフリーにNGな麺類

そうめんは、ヘルシーというイメージが昔から強いと思います。

確かに、真っ白でサラサラと、お豆腐みたいに食べられますから、ハイカロリーとはとても思えません。しかし、実際のところ、グルテンフリーという意味では、そうめんは良くないみたいです。

結局、そうめんの原料も、グルテンを含む小麦粉だからです。

そのため、食べるとグルテンも摂取することになったり、そうめんのGI値が68とまあまあ高い事もあってか血糖値が上がって体内に脂肪がつきやすくなってしまうのだとか。しかも、夏バテとかで食欲が無く、とりあえず簡単だからそうめんを食べるという場合だと、尚悪いみたいです。

なぜなら、バテて疲れていると、血糖値も低くなっている関係上、満腹感を通常よりも感じにくいため、余計たくさん食べてしまうからです。

そのため、血糖値を上げて活力を得たいならまだしも、とりあえず何か胃に入れておくために、小麦粉を麺状にしたようなものであるそうめんを選ぶのは、やめておいた方が良いそうです。

ちなみに、同じ麺類では、うどんも小麦粉が使われている関係上、ダメとのことでした。

また、蕎麦も、十割蕎麦以外は小麦粉が使われているため、ダイエット中は推奨されないそうです。こうして見ると、私達は無意識の内にグルテンをたくさん摂っているんですね。

Copyright (C) 2016 必要ありそうな無いようなこと All Rights Reserved.