若年性更年期障害の症状は厄介

更年期障害と言われると、40代後半から50代以降の女性をイメージすると思います。

しかし、実は若い世代にも発症する更年期障害があるそうです。それは、若年性更年期障害。個人的には、若くてもせいぜい30代後半や40代前半くらいだろうと思っていたのですが、20代で発症するケースも一定数あるのだとか。

つまり、まだ若いからと油断してはいられないんですね。また、若年性更年期障害は、放置しておくと不妊の原因ともなるため、なるべく早期に発見されるに越したことは無いそうです。そこで、若年性更年期障害の具体的な症状を調べてみました。

すると、長期間に渡る生理不順、突然の動機や息切れ、怒りやすい又はイライラしやすい、寝つきの悪さや浅い眠り、顔の火照り、汗の増加などが、よくある症状として挙げられていました。

また、吐き気や立ちくらみなど、体調不良に似た症状に慢性的に悩まされることもあるのだとか。

若い内にこのような症状が出ると、大変ですよね。

普通の更年期障害と違って、周りの同世代がバリバリ働いている中、発症してしまっている訳ですから。そのため、うつ病などの精神症状が出てしまう確率も、結構高いとのことでした。

たかが更年期障害と思っていましたが、若年性更年期障害の症状って厄介なんですね。

Copyright (C) 2016 必要ありそうな無いようなこと All Rights Reserved.